ぐるりのこと。

俺の日記とリリックノート

まるで猫

ラッパーは船 クラブは港 磨くと輝き出す原石と 削れて減ってくだけの石ころ呂布カルマ/スピーカークリンチ吾輩は猫じゃないお前らが猫だろ目を背けてる間に擦り寄って苦しんでる時は知らんぷり餌をやると喜ぶ飼ってやれるけど勝手にやれない

明日も「死ね」って言ってくれ

明日も死ねって言ってくれ その分俺は生きられるから 早く死ねって言ってくれ 心からの会話を待ち望んでるから酒を飲まないと話せないやつらの 言葉はどこより重いと信じてる酔って言いたいことがなくなったら 酒が悪かったと言わせてくれ

うろ覚えは幸せ

双子葉を聴こうとして誤って橙が流れた 何をどう間違えたのか曲名が違ったらしい記憶が確かだった俺ならどうなってたんだろう 双子葉を聴いて浸りたい気分になれていただろうか橙でよかったよPS 今は行きつけの味が食べたいってのにほかのお店に目がいくなん…

誰にも言えないことはここで言おう

好きすーぎるとー うまくー ゆーかなーいがんばーってるとーうまくーゆーかなーい気をぬーいてもーうまくーゆーかなーいそれでもー後悔したくないしーがんばるーカッコつけたいしーがんばるー不器用なりにーがんばるー

田舎には表現がない

時間に対して吝嗇、そのくせ目標は具体的でない 杞憂だろうことに押しつぶされそう 今自分は恐れていて、恐れは恐れでしかないことを早く飲み込もうとしていて 弱い自分が嫌いで、そのくせ強がって 大好きなものを手放して迷ってる 大口叩いて退路を断って不…

深海魚

風呂に入ってさっきまでリセット 魚は水深200mで深海魚らしい。人間は200mの上下に住んでいても人間なのに。 変な服を着てても人間。君も人間俺も人間らしい。

ぬるいビール

ふと昔の事を思い出した 真夏の昼過ぎにけだるく目を覚まして、物寂しい音楽を流して換気扇の下でタバコを吸って ピンクの原付に乗って、3限すらサボって4限に向かうような 恋なんて完全に忘れきって、ボサボサの髪でダサダサの服で 将来の事なんてましてや…

休日ってなんだろう休日ってなぁに

休日って何が休なんだろう?会社が休み?じゃあニートは?休む日ってこと?でも一日中1人でダラダラしてるの苦手だし。休日。 そんなこんなで土日は休日だった。金曜から充実しててなんか楽しかったなぁ。土曜日は同期の家で起きてからスタート。なんか仕事…

今度こそ俺の四半世紀の怒りがガソリンとなるかもしれない猫よ邪魔するな思い出よ邪魔するな若さを犠牲に安らぎを得ろ一本道の証明悔いを捨てて裏切りと呼ばないように動物的肉体の限界を見誤らないようにそしてこの甘い言い訳を捨てられるように

大っ嫌い

大っ嫌いは寂しすぎるだろ 全ての詩が切なさに繋がってて そんな肯定いらないよ、どつけねぇからそんな名前なんだろって共感してそんな歌だなんて思ってなかったよ愛をそんな理性的にしないでよ

メモ4/24-4/25

半年前のようなどんよりとした気分を迎える 朝早く起きれない、寝ても疲れが取れない ここ暫く上手いことやれていたのに、突然。 ここ2日は午前中は気が散って落ち着かない 自身の喪失、判断がつかない タバコをよく吸う 頭が回らない。ゆっくりとタスクを紙…

笑っておくれ

あのときはあの気持ちがリアルだった。本当にそこにあったんだ。 偽物じゃなくて本当によかった。心から本当に。 人は変わっていくんだから仕方ない。 歪で拙い線だけども見えなかった点と点は線で繋がっていたんだね。 全てを出しきって負けたって思ってる…

春とんで夏

あなたはあったかいから俺は冷たく感じてる他人は冷たいから俺はあったかく感じる大衆の代弁をするならお前である意味が無い凍死とは違うあたたかさを隣人愛を超えた無常を

嗚呼、無常

あの金属も あのコーヒーも あの草も あの倉庫も あの電車も あの男も あの肴も あの夢も あの曲も あの夜の涙も あの心の声も あの一抹の不安もあの店も あのウイスキーも あの車窓も あの山も あのゴムも あのやるせなさもあの映画も あの首飾りも あの魚…

まるでブーメラン 手を離したらもう意思とは関係なく 弧を描くかも分からず飛ぶ 眼下は水面 手を離すために握ったのだから飛べ 願わくば弧を描いて砂に刺され もう一度握ったら それは思い出 俺の言葉は無視して はるかへ飛べ

酔いどれ詩人になる前に

時間とか感情の飛沫がかかった白紙の上は歩きにくい 清廉で清潔な白紙は評価を得難い それはそれで完成なのに それは人間が認めないものそれは動物が見向きもしないもの

塗りつぶそうかと思うたび

真理と思われたものはすべて壊れていった 無学な私は太宰治を想う自惚れ、懐疑、逸り 腰掛ける岩、苔むした川底壊れることも真理であったなら

これは自分の日記だから先に謝っておく。

今日は隣の県へ買い物と勉強だったりブログ書いたりのために喫茶店に行こうと思い昼過ぎに家を出た。珍しくやる気。そしてちょっとおしゃれ。とりあえず電車に乗って向かった。駅について早速買い物をしにいったのだが、お目当の紫のキャップが売り切れてい…

Hester Mofet/tHe rest of Me

This is the Zodiac speaking. 今日は映画を3本見た。一人の休日は時計を見るたび胸が締め付けられるのが定番だが、今日はいつもより落ち着いて過ごせた。あと部屋探しをしていた。最近親知らずが生えてきているのか、口の右奥下がよく痛む。見た映画は↓の…

電車

朝、いつもとは反対の電車に乗る。電車を待つ間煙草を吸う。 電車が来る。 いつもと逆に流れる景色を見る。 可憐な女子高生に感謝される。 テニスコートに吸い込まれる。 見たことあるようで見覚えのない景色が流れる。普段どれだけ外を見ていないのかあとは…

偏執狂

みんな自己肯定と諦念 みんなって言葉は私の諦念変な人は変な人に変と言われればいい 変な人は変な人に変と言い返せばいい表と裏なんて分かりゃしないから 多数決の変になりたいなら 少数決の普通でいい

不所

「自分がない」って言われたとき 自分は誰よりも自分だと思ってたところ言えないこともあったから 隣の人にも見えなかったところこの後どっちに転んでも 別の話をしよう

ただ粛々と

俺の目がギラギラしてるらしい。 他のやつに言わせりゃキラキラしてるらしいが。仕事帰りに中村とラーメンを食べに行った。自動車工場勤務のその日暮らしみたいな風貌をしている男だ。最近仕事を頑張っているオーラがプンプン臭う。 こいつは同期では1番仲が…

って

あの幸せの毒は遅行性 きっとちっこいの掴んだ後に重なる絵 人生はまるで油絵 重なる絵の上に重ねていけ巡り巡ってまた会って跨って重なって 傘なら貸さねって 濡れたまんま合わさってまたねって来世か明後日まるで螺旋 幸せは破線 肉なら万世 イルカそれラ…

勇者の唄 feat.894/呂布カルマ The Cool core

好きなラッパー呂布カルマの何となく好きな曲。きっととにかくかっこいいから。 草木が夜明けを待つ様に 母が乳飲み子抱く様に Hip-hopは俺を放さない 俺は約束を果たさないとな この一節から始まる。最初の2文は詩的でそのあとに呂布カルマの自信がやってく…

さようなら

もう言い訳はしない これからは悪あがき これは前進。

これは何色

おれの中で 雨が降って おまえは 傘を差し伸べた一緒に濡れられないことで おまえの中で 雨が降ったおまえの中で 曇っても 雨音が鳴るまで気づかない ずっと晴れだと思ってたんだろうおれはまた 目に付く安い傘を買っては 「通り雨だ」 とやり過ごすのだろう

TSUTAYAが安かった!

日曜の夜。地元のゲオに行ったが、日本語ラップのCDがほとんどなかったので隣町のツタヤまで行ってきた。腹が立ったので「あ行」から順に全てを見て回っていた。すると以外とマイナーなラッパーの曲があったことに笑った。そういうのいいからクラシックを置…

努力の差異

これといって努力をしてこなかった男は、人生で1度だけ努力をしてみたいと思った。それが仕事だった。そっち側へ行くには力が必要だと思った。ちょうど都合が良いと思った。だけど負けたのだ。 今までなんとなくで人並み以上にやってきた男は努力の経験を持…

曇り

今日は10時頃に起床した。昨日は寝つきが悪く遅くまで起きていた割にはよく起きれた。昨日の夜には晴れた空の下芝生の上でブログを書くことを想像していたのだが、曇りで日光が薄く寒かったためそのプランは早々に諦めた。その後カフェにでも行ってブログを…

方向音痴の男

方向音痴の男はあの牧場を目印に走る2個先の信号を右だなんて知らないから 方向音痴の男はあの小っちゃいタワーを手掛かりに走るそれとの距離だけが現在地の手掛かりだから ほら時計塔が見えてきた思った道とは違ったけどもう大丈夫だろう 観覧車だって見え…

コーヒー

アレのあとはコーヒーを飲む コーヒーを飲んで人間に戻る 黒い冷たいコーヒーが食道と胃に当たり 染み込む コーヒーを飲んで人間に戻るシロップを入れて もう1度タバコに火をつけて 日常に戻る。

横浜に行った

今週はサークルの同期(院組)の卒業祝いに横浜に行ってきた。金曜日の夜、仕事帰りに横浜へ直行。その後大学最寄駅にて同じく卒業する2個下の後輩と合流してヒゲの家に泊まってきた。ヒゲというのはサークルの同期でヒゲが濃いからヒゲとしておく。飲み会の…

登場人物紹介:大学

■サークルの同期 ・町 サークルの会長。訳あって留年。言語力がとりわけ低い。 ・筋肉 恋多き男。元ヨット部。天然。 ・竹中さん 強面。真面目。面白い。 ・おじさん 老け顔。毒舌。 ・ 川崎 素人童貞。コミュ障。何かが欠落している。群馬出身。 ■サークル…

日記をつけてみる

日本語の練習と悩みの整理のために日記を書いてみようと思う。日本語の練習といっても生まれも育ちも日本なのだけれど。 これからどんなことを書くのかも想像できていないからブログの説明は当分お預けだ。明日は日曜日だし時間をとってここしばらくのことで…