ぐるりのこと。

俺の日記とリリックノート

TSUTAYAが安かった!

日曜の夜。地元のゲオに行ったが、日本語ラップのCDがほとんどなかったので隣町のツタヤまで行ってきた。腹が立ったので「あ行」から順に全てを見て回っていた。すると以外とマイナーなラッパーの曲があったことに笑った。そういうのいいからクラシックを置け!!ちなみにツタヤではカードを忘れて作り直したのだが、年会費無料キャンペーンに救われる。あとなんか旧作10枚1000円とかいうサービス始めてた!

このサービスすごい。だってちょっと前まで5枚で1000円とかじゃなかったっけ?ラーメン屋で言えば800円がいきなり400円になるってことだからね。毎日通っちゃうよ。そんなこんなで今日1日どんよりとしてたのだがこの2つのささやかな幸せと、どついたるねんのバガボンドに癒された。
ワトソンってこんな優しい声だったっけ

ちなみに今日借りたラッパーたち
・OZROSAURUS(オジロザウルス)
キエるマキュウ
MSC
TOKONA-X(トコナエックス)
SOUL SCREAM
NITRO MICROPHONE UNDERGROUND
ラッパ我リヤ(ラッパガリヤ)
スチャダラパー
・餓鬼RANGER
BUDDHA BRAND

スマホのラッパーたちが全員だんまりなので借り直しもあるが。ブルーハーブも借りればよかったなぁ!忘れてた。BASIとかEVISBEATSなんかも取り扱ってたので今度借りにいこーっと。あと奥田民生とかラップ以外もたまには聴こう。早くスマホに入れて通勤中に聴こう。YOUTUBEで音楽聴きすぎて通信制限のかかる日々とはおさらばだー!!

ちなみに奥田民生のSTANDARDって世間的には高いんだろうなー。俺は完全同意なんだけども。これはまたの機会にじっくり書こう。おやすみ。

努力の差異

これといって努力をしてこなかった男は、人生で1度だけ努力をしてみたいと思った。
それが仕事だった。そっち側へ行くには力が必要だと思った。ちょうど都合が良いと思った。だけど負けたのだ。

今までなんとなくで人並み以上にやってきた男は努力の経験を持ち合わせていなかった。いつもと変わらずなんとなくで人並み以上に出来ると思った。努力の才能も持ち合わせていなかった。努力の味を初めて知った。

努力ってものは一種の安定剤なのかもしれない。
幼い頃からそれは美徳と知らされる。ただ教科書やノートに向かってペンを持っているだけで褒められる。その成果と心情は無視されたままに。

高校生のときに1度心が折れたことがある。病院で何かを聞かれた際に「なんでみんな報われない努力をしているのか分からない」と言いながら医者に情動失禁と記述されたことを今でも覚えている。当時から変わらず「ただやる」ってことには嫌悪感を示す。それは生き辛いから、人にはそれぞれ役割ってものがあると考えるようになったのだろうか。

これといって努力をしてこなかった男は、再び努力を始める。
努力を安定剤として使っているのかも、なんて思いはじめている。
だってそこにはあの頃のような情熱はないのだから。

あのとき自分の努力はなぜ負けたのか。負けなければ今も幸せだよ、やり方が間違っていたんだよ、なんて言っても何も変わらないことは知っている。でもそう言ってしまえば割り切れるのかななんて思ったりもして。

「始めて努力して負けたんだよ」なんてまた子供じみた言い訳なんだろう。
挙げ句の果てには家庭のことまで持ち出しちゃったりして。
でもそんなおかげで、自分に向き合ってこなかったこの人生と向き合ってみようかと思ってる。遅ればせながら。

今は目標も目的もないけど、なんなら気力だってないんだけど、なんとなく、なんとなーく前向きになっているんだ。

本音を言うのは苦手だから、心の声を伝える文章はいまだに書けないけど。
せめてもの備忘録に。

曇り

今日は10時頃に起床した。昨日は寝つきが悪く遅くまで起きていた割にはよく起きれた。昨日の夜には晴れた空の下芝生の上でブログを書くことを想像していたのだが、曇りで日光が薄く寒かったためそのプランは早々に諦めた。その後カフェにでも行ってブログを書こうかと思ったのだが、近くに行きたいカフェもなく、なんとなく力が入らなかったのでとりあえず車に乗って目的地もなく走り出した。

意味もなく走りながら、最近買った呂布カルマのアルバムをスマホに入れたい!と思い、目的地は電気屋と決まった。
今使っているPCはMacなのだがCDを入れられないのだ。そんなパソコンあるのか?と買うときに思ったのだが、なんなら最新のやつはUSBも入らないらしい。スマホの充電器の規格もそうだが、どんなタイミングで変わるのだろう。不思議。

そんなこんなで電気屋ではDVDドライブ?を購入。電気屋特有のいらないものを買いそうになる気持ちを抑えるのが大変だった。パソコンを入れるバッグ(ださいやつ)だったり卓上照明を買いそうになった。社会人になってから金使いは荒くなる一方だ。いつからかそういうときには心の中のタイラーダーデンに話しかけるようになった。

電気屋を後にしたあとは家まで帰るのだが、ナビを使わずに知らない道に入ってみた。自分はなかなかに方向音痴のためこれは一大決心なのだ。多分あの辺に家があるはずと思い遠回りしながらなんとか帰路につけた。あー怖かった。
みんな道をどうやって覚えているのだろう。とある人は何個目の信号をどちらとか覚えるようだ。自分が唯一覚えた長距離経路はすべて車のディーラーが目印にあったのでそれ以降は曲がり角の店で覚えている。嘘である、ナビしか使わない。

そうそう、自分の車は10数年も前のものであるのでMDしか使用できない。ソケットも壊れていれ充電もできない。なので運転中は中学生の頃のMDかラジオを聴く。でも今日からはスマホ呂布カルマがいるのだ。
あ、そうそう!今のスマホになる前はスマホで音楽を聞いてたんだけどなんかスマホを変えてからリスモからほとんどの曲が消えてたから聴けなくなってたんだ。
帰ってからはその原因を調べてたのだけど全然良く分からなかった。ちなみにスマホ呂布カルマを入れるのも苦戦した。MacAndroidに慣れないのか俺が機械音痴なのか。そして以前のスマホに入っていたブッダブルーハーブが聴けなくなったことに俄然ムカついてきた。もうこのままゲオに行こう!

方向音痴の男

方向音痴の男はあの牧場を目印に走る
2個先の信号を右だなんて知らないから

方向音痴の男はあの小っちゃいタワーを手掛かりに走る
それとの距離だけが現在地の手掛かりだから

ほら時計塔が見えてきた
思った道とは違ったけどもう大丈夫だろう

観覧車だって見えている
友人のいない友人宅を片目に走る

問題なのは目的地に行きたくないってことだけ

コーヒー

アレのあとはコーヒーを飲む
コーヒーを飲んで人間に戻る
黒い冷たいコーヒーが食道と胃に当たり
染み込む
コーヒーを飲んで人間に戻る

シロップを入れて
もう1度タバコに火をつけて
日常に戻る。

横浜に行った

今週はサークルの同期(院組)の卒業祝いに横浜に行ってきた。金曜日の夜、仕事帰りに横浜へ直行。その後大学最寄駅にて同じく卒業する2個下の後輩と合流してヒゲの家に泊まってきた。ヒゲというのはサークルの同期でヒゲが濃いからヒゲとしておく。飲み会のことを書いておくと、町のテンションが異様に高かったことが印象的だった。町はサークルの会長であり訳あって留年しているのでまだ院生だ。ちなみに今は大学も違う。彼は訳ありなのだ。

ヒゲの家に泊まったのは俺と川崎だった。川崎は群馬出身の素人童貞だ。どこか人間として欠落しているので人間というよりは知能の高いゴリラくらいだと認識している。就職で群馬に帰るらしいので安心している。彼は群馬が引き取ればいい。
ヒゲは昼過ぎに両親がくるとのことだったので、3人で学生時代によく行ったお店へ昼食を取りにいった。ぶり南蛮なるものとネギトロを食す。相変わらず美味。この店は定食を頼むと日替わりの2品のおかずを選ぶことができる。ヒゲはぶり南蛮とモツ煮を頼んだのだが、思っていたよりモツ煮がしっかりしていたこととご飯大盛りを頼んだことで、しばらく動けなくなった。
ヒゲが「最近食べられる量を計り間違える」なんて言うもんだから、同じ悩みを最近克服中の自分は、大盛りにしなかった自分を心の中で褒めていた。

ご飯を食べたあとは行きたい古着屋があったため川崎と共に川崎に向かった。これは紛らわしい文章だ。想像通りストリート感満載の品揃えだった。そういう店に入るときはいつも緊張する。ストリートな個人経営の店は客と店員なんて関係は存在しないと思っている。いつ刺されるか分からない。だからこそいい服を見つけられる。ちなみにクールなコーチジャケットを入手した。ちょうど出勤用の抑えめなコーチジャケットが欲しかったので助かった。ストリートポイント+10点。その後はルノアールにてアイスコーヒーを飲んだ。ちなみに自分はアイスコーヒーしか飲まない。水出しが何なのかも知らないくらいコーヒーには興味がない。でも飲みたくなる時もあるのだ。

ちなみに川崎ではとても良い看板のお店があった。
「衝撃の価格破壊断行 ズバリ底値限界突破‼︎ 価格急降下 協和」
初耳の「価格破壊断行」という力強い言葉、そして後半怒涛の押韻「突破」「降下」「協和」。俺好みの雰囲気を醸し出すナイスバース、完韻!といった具合だ。やはり川崎はヒップホップだ。これぞストリートだ。

買い物の帰りには似顔絵を500円で書いてくれる出店がやっていた。しかし時間が終わっていて書いてもらえなかった。「来週の日曜日もやってますよ!是非!」と言われたが、3週連続横浜へ行く予定はない。心残り。
その後は東京駅まで行き新幹線にて帰宅した。昼に食べ過ぎたせいか食欲もなくそのままブログを始めてみた次第である。

そういえば今日スマホ通信制限がかかったな。

登場人物紹介:大学

サークルの同期
 ・
  サークルの会長。訳あって留年。言語力がとりわけ低い。

 ・筋肉
  恋多き男。元ヨット部。天然。

 ・竹中さん
  強面。真面目。面白い。

 ・おじさん
  老け顔。毒舌。

 ・ 川崎
  素人童貞。コミュ障。何かが欠落している。群馬出身。

サークルの先輩
 ・日野くん
  雰囲気のある人。イケメンでお洒落。

 ・高崎
  
可愛らしい人(男)。群馬出身。川崎と仲が良い。

サークルの後輩
 ・まさみ
  2個下の後輩。一番仲の良かった後輩。

サークル外の同期
 ・
  最初のバイトの同期。ヒップホップ仲間。トラック担当。謎多き男。

 ・長野
  最初のバイトの同期。ヒップホップ仲間。少年の様。